AGA・FAGA・ED

AGA

AGAAGA(AndrogeneticAlopecia)とは、男性型脱毛症のことを指します。
思春期以降に発症する男性の進行性の薄毛のことで、早い方であれば10代後半から頭髪が薄くなり始めます。AGAの特徴に、生え際か頭頂部、またはその両方の薄毛が挙げられます。放置して改善することはなく、ご自身のヘアケアを工夫したとしても目に見える効果というのはほとんど期待できません。
そこで有効になるのが、AGA治療薬です。

AGAの原因

AGAの原因としては、男性ホルモンのバランスの乱れ、遺伝、生活習慣の乱れなどが挙げられます。
中でも最大の原因と考えられ、AGA治療薬による対策が可能なのが、男性ホルモンのバランスの乱れです。
薄毛には、ジヒドロテストステロン(DHT)が大きく関係していることが分かっています。ジヒドロテストステロンとは、テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという還元酵素が結合してできる悪玉脱毛ホルモンです。
ジヒドロテストステロンの影響によりヘアサイクルが乱れ、本来であれば2~6年はある髪の毛の「成長期」が短くなり、数カ月ほどで抜けてしまいます。十分に成長する前に抜けてしまう髪の毛が多数発生することで、徐々に頭髪が薄くなってしまうのです。

AGAの治療

※現在準備中です。

AGA治療にかかる期間

AGA治療によって発毛効果を得るためには、半年~1年ほどの期間が必要となります。ただ、その効果を持続させるためには、その後も継続的な治療が必要となります。
半年を過ぎても効果が見えないという場合には、治療薬の変更を検討します。発毛効果を正確に評価するためにも、治療薬は正しく使用するようにしましょう。
なお、AGA治療を中止した場合、その効果は数カ月で消失し、再び薄毛が進行することとなります。

治療薬の副作用・リスク

※現在準備中です。

AGAの治療費用(税込)

フィナステリド1箱 6,000円
シルデナフィル 1錠 1,000円
タダラフィル1錠 1,000円

お支払い方法

※現在準備中です。

FAGA

FAGAFAGAとは、女性(Female)のAGAのことを指します。日本語で言うと、女性男性型脱毛症となります。
AGAとは異なる原因と症状を持ちます。初期症状としては、抜け毛の増加、分け目が広がったような薄毛が認められます。その後、薄毛が頭部全体で進行していきます。発症の時期として多いのは40代、50代ですが、20代で発症するケースも見られます。
当院では、FAGAの治療も行っております。

FAGAの原因

原因のひとつは、加齢によるエストロゲンの減少と言われています。エストロゲンという女性ホルモンが加齢に伴い減少していくことで、相対的に多くなるテストステロンという男性ホルモンの影響が強まり、薄毛が進行していきます。
また、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンのレセプターの有無には一定の遺伝性が認められるため、母親がレセプターを持つ場合にはその娘へとFAGAが受け継がれてしまうケースもあるものと考えられます。
その他、自律神経の乱れもFAGAの原因となると言われています。自律神経の乱れを引き起こす要因としては、不規則な生活リズム、ストレス、睡眠不足などが挙げられます。

FAGAの治療

※現在準備中です。

FAGA治療にかかる期間

FAGAの治療の効果が現れるのは、治療開始後半年~1年くらいの時期となります。この時期に至っても効果が認められない場合には、治療法の変更を検討します。
効果が認められる場合には、基本的にその後も治療を継続することとなります。途中で治療を中止すると、再度、薄毛が進行してしまうおそれがあります。

FAGA治療の副作用・リスク

※現在準備中です。

FAGAの治療費用

  料金(税込)
  〇〇円

お支払い方法

※現在準備中です。

ED

EDEDとは「勃起不全」のことで、何らかの原因によって勃起が不十分になり、満足のいく性行為ができない状態を指します。まったく勃起しないケースだけでなく、途中で勃起が引いてしまう、続かないといったケースまで含まれます。
当院では、お薬を用いたED治療を行っております。勃起する力が減退してきたと感じる方、持続時間が短くなってきたと感じる方は、お気軽に当院にご相談ください。

EDの原因

EDは大きく4つに分けられ、それぞれ原因が異なります。ご覧になっていただければ分かりますが、加齢だけが原因というわけではありません。

器質性ED

加齢、生活習慣病・生活習慣の乱れ、脳卒中・脳腫瘍・脊髄損傷・パーキンソン病・外傷・手術などによる神経障害が原因になって起こるEDです。
動脈硬化が進行することで、海綿体(ペニスの細い血管が集まった組織)の血流が悪くなり、十分な勃起ができなくなります。

心因性ED

ストレス、トラウマを原因として起こるEDです。
ストレスとしては、夫婦やカップルのあいだにある問題だけでなく、仕事や学校、その他人間関係などにかかわる問題が要因になることもあります。
トラウマとは、過去のできごとにショックを受けているために生じる不安、心の傷のことです。具体的には、過去の恋愛・性行為にかかわる失敗、パートナーからの非難、自責の念などが挙げられます。
また直面している性行為の場そのものに緊張し、EDになることもあります。

混合性ED

器質性EDと心因性EDを合併しているタイプです。
4つのEDの中で、この混合性EDに分類される症例がもっとも多いと言われています。

薬剤性ED

解熱剤、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、筋弛緩薬、不整脈の治療薬、血管拡張剤、脂質異常症の治療薬など、さまざまな薬剤の副作用として、EDを発症することがあります。
※服用中のお薬がございましたら、お薬手帳をお持ちください。

EDの治し方・治療薬の種類

EDの治療薬として、以下の3つを取り扱っております。
いずれも錠剤として内服します。バイアグラについては、持ち運びに便利なフィルムタイプもございます。
※ED治療薬は、飲めば勃起するものではありません。効果が現れ始めてから、性的興奮があると、勃起しやすくなる・持続しやすくなる薬です。

バイアグラ

服用後約30分で効果が現れ、1時間後にピークを迎えます。そしてその後、効果は約5時間持続します。
食事の影響を受けやすく、食前の内服が推奨されています。食後に服用する場合は、2時間ほど時間をあけて飲む必要があります。
もっとも知名度のあるED治療薬として、現在も高い人気を誇ります。

レビトラ

服用後約30分で効果が現れ、45分後にピークを迎えます。そしてその後、効果は5~10時間持続します。
食べ過ぎず、脂肪の摂り過ぎもなければ、その食事の影響はないとされています。一方、食べ過ぎ、脂肪の多い食事を摂った場合には、効果が現れるまでに余計に時間を要することがあります。基本的に、食前に内服することをおすすめします。
即効性の高いED治療薬です。

シアリス

服用後約1時間で効果が現れ、その時点~4時間ほどがピークとなります。そしてその後、効果は24~36時間持続します。
標準的な量の食事であれば、効果への影響はないとされています。ただ、空腹時に服用した方がより効果は得やすくなります。
最大の特長は、24~36時間という持続時間の長さです。食事の影響も受けにくいことから、飲むタイミングに困るということはないでしょう。デート前に内服するという使い方もできます。

治療薬の副作用・リスク

これまでに、顔の火照り、目の充血、お腹の張り、胃の不快感、鼻詰まり、頭痛、消化不良、背部痛などの副作用が報告されています。頻度が高いのは、顔の火照り、目の充血です。
なお、以下に該当する場合には、ED治療薬を処方できないことがあります。ご了承ください。

  • 硝酸薬を使用している方
  • ED治療薬にてアレルギーを起こしたことがある方
  • 重度の心疾患・肝障害の方
  • 重度の高血圧症の方

EDの治療費用

  料金(税込)
  〇〇円

お支払い方法

※現在準備中です。